そうまの手記

日記とか思ったこと

クリストファー・ノーランの「ダークナイト」は何がすごかったのか。

ダークナイト」は2008年、クリストファーノーラン監督によるバットマン3部作の2作目だ。バットマンが霞んでしまうほど強烈で魅力的な悪役、ジョーカーが印象的な作品である。

ジョーカーが放つ狂気と、正義の在り方に苦悩するバットマン

ダークナイト」の魅力は、本作でアカデミー助演男優賞を受賞したヒース・レジャーの怪演により圧倒的な狂気を放つジョーカーであり、彼の生み出す恐怖に立ち向かうバットマンブルース・ウェイン)たちである。

ジョーカーは猟奇的な殺人でゴッサムシティに住む人々の不安や恐怖を掻き立て、『バットマンがマスクを脱ぐまで殺人は続く』と挑発的なパフォーマンスを行い、バットマンに対する不信感を扇動する。

バットマンとなり闇に紛れ敵と戦う行為が、悪の手から街を守る手段として本当に正しいのか、ブルース・ウェインは自身のアイデンティティに葛藤しながらジョーカーと対決する。アメコミヒーローをよりシリアスに描いた作品だ。

ジョーカーの強烈な個性と硬派なストーリーが特徴の1つの本作。しかし、いかにジョーカーが優れた悪とはいえ、それだけではよくある善と悪の対立構造の物語にみえてしまう。「ダークナイト」をより奥深いストーリーへ昇華させているのは、ある人物の存在が大きいのだ。

狂気によって生まれる新たな悪

(※ネタバレあり)

バットマンとともにジョーカーへ立ち向かうのは2人。市警のゴードンと検事のハービー・デントだ。両者はバットマンの実力を認めており、3人は協力しジョーカーを追い詰めていく。

しかし物語後半に1つの大きな山場を迎えた後、ジョーカーの策略によりハービー・デントは悪に堕ちてしまう。デントはトゥーフェイスとして、恋人を失い抱いた憎悪の矛先をバットマンとゴードンに向ける。ジョーカーとの対決と並行し、新たな軸のストーリーが展開していくのだ。

ダークナイト」は上映時間2時間30分の、非常に長い作品である。だが、新たな敵が現われ物語が一歩先へ進んでいくので、冗長な進行にはならない。

また、狂気的なジョーカーとは異なり、復讐という明確な動機を持ったヴィランの存在によって、善対悪の構造に加え、悪の性質の比較が可能になる。

さらに、デントが悪に堕ちる過程を映画後半まで丁寧に描写することで、新たな展開の始まりに違和感なく入り込むことができ、デントを陥れたジョーカーの悪がより際立つ。このように、ハービー・デントの存在は「ダークナイト」においてさまざまな相乗効果を発揮している

では、デントはどのようにしてトゥーフェイスへと堕ちていったのか。ストーリーを振り返りながら、デントの行動を追っていく。それに付随し、ジョーカーとトゥーフェイス、両者の悪の性質の違いにも言及したい。

光の騎士ハービー・デント

・デントは物語序盤、マフィアの裁判に担当検事として登場する。証人のチンピラに銃を突き付けられるが、それを奪い取りパンチをお見舞いする。正義感と頼もしさを感じさせるが、チンピラといえど証人を殴る点に暴力的な一面もみえる。

有罪を勝ち取ったデントは、バットマンに代わり街を守る光の騎士であり、この街のとなる存在だと讃えられる。市民にとっては、夜な夜な街に現れる得体の知れない存在であるバットマンと対比されている。

共に検事に勤めるレイチェルはデントの恋人であり、ブルース(バットマン)の元恋人である。デントはレイチェルとの結婚を考えており、ブルースもまだレイチェルへの想いを捨てていない。

マフィアの資金洗浄に失敗したデントとゴードンは、互いの組織・部下を罵り合う。ここでは、ゴードンの部下に対するデントの不信がみられる。

物語中盤、ジョーカーの殺害予告を受けた市長をゴードンが庇い倒れる。犯人を発見したデントは、犯人を縛り上げ単独で尋問を行う。口を割らないことに業を煮やしたデントは銃を突きつけ『話さなければ撃つ』と脅す。引き金を引こうとした時、間一髪でバットマンが阻止する。ゴードンが傷を負った(死んでしまったように描写される)ことで感情が昂り、デントは殺人未遂を犯した。悪人であっても命までは奪わないバットマンとは異なる点だ。

バットマン、デント、ゴードンの作戦が成功し、ジョーカーを拘束した警察。しかし、ジョーカーへの尋問中、デントとその恋人レイチェルの誘拐が判明する。監禁されている住所をジョーカーに告げられたバットマンとゴードンは、それぞれレイチェルとデントの救出へ急ぐ。

監禁されたレイチェルとデントは、体は拘束されていたが、電話がつながっていた。レイチェルはジョーカーに『助かるのはどちらか1人。お前たちのお友達が助ける方を選ぶ』といわれたことをデントに伝える。

バットマンが指定された住所にたどり着き、建物に侵入すると、そこにいたのはレイチェルではなくデントだった。『なぜ僕の方を助けに来た』と絶叫するデント。バットマン(ブルース)がレイチェルの元恋人であり、まだレイチェルを想っていることを見抜いていたジョーカーは、2人の住所を逆にしてバットマンたちに伝えたのだ。

デントは救出されたが、顔半分の表面が焼け落ち、骨がむき出しになるほどの火傷を負った。一方ゴードンはあと一歩のところで間に合わず、レイチェルの監禁された施設は爆破され、彼女は帰らぬ人となった。この混乱に乗じて、ジョーカーは脱獄する。

デントはこれにより、ジョーカーはもちろん、助かるのはどちらか1人なのにレイチェルではなく自分を助けにきたバットマン、レイチェルの救出に失敗したゴードン、自身とレイチェルの誘拐を手引きしたゴードンの部下に対して憎悪を抱く理由が生まれる。

 重傷を負い病院のベットで横たわるデントのもとに現れるジョーカー。怒りをあらわにするデントを介さず、言葉巧みに彼の暴力性を煽る銃を手に握らせ、自らの額にあてがう。以前に殺人未遂を犯した時と同じ状況を作りだしたのだ。

1度目はバットマンに引き留められたものの、ジョーカーはデントの倫理観を捻じ曲げてしまった。

こうして、ゴッサムの光の騎士ハービー・デントは悪党トゥーフェイスへと転落した。彼は自分とレイチェル誘拐に関与した警官を次々に殺し、ゴードンの息子を人質にするが、バットマンに倒され最期を迎える。

 

以上が、デントが悪に堕ちるまでの過程だ。病院でジョーカーと対峙するシーンは本編開始から1時間30分以上経過して挿入される。そこに至るまで、デントの人間性、倫理観、この記事では扱わなかったがレイチェルに対する想いの丁寧な描写により、観客が自然に、転落の背景に納得しストーリーを楽しむことができる。また、デントを陥れたジョーカーの存在を、より強大な悪に感じられるだろう。

 

ジョーカーの悪、デントの悪

作中、ジョーカーは自らを混沌の使者と形容する。秩序を崩し、人々を混乱させる。そのためには恐怖が必要だ、と。

一見狂気じみた道化だが、計画性を持ち合わせている。バットマンとの対決に備え、デントを復讐者へ変貌させた。あらゆる手段を用いて、バットマンが守ろうとする街の秩序を崩壊させ、無秩序の蔓延を目論む。混沌をもたらすことそのものが彼の目的だ。

俺の信念はこうだ 死ぬような目に遭った奴は イカれる

 一方、トゥーフェイス(ハービー・デント)は、悪の権化ではなく、その名の通り二面性を象徴している。元々は光の騎士と呼ばれる善良な市民の一人だったが、大切な人を失った悲しみから生まれた憎しみに身を任せ、暴力による復讐をしてしまった。

不安や恐怖が蔓延り、無秩序になりつつある街で、デントは自身の持つ闇に敗北したともとれる。 

ヴィランたちは人間の闇を象徴的に表しているが、バットマンはもちろん、市民が負の感情に打ち克つ場面もある。お互いの船の起爆スイッチをもたされた死刑囚と市民は、どちらかを犠牲にせず、事なきを得た。バットマンは結局、ジョーカーを殺さなかった。殺さなかったというより、恐怖や不安そのものであるジョーカーを消し去るのは不可能だと解釈するべきかもしれない。トゥーフェイスを手にかけているので、そこに議論の余地が残っている。

このように、性質の異なる悪を配置し、善と悪の対立構造だけでなく、その二面性の示唆によって、より複雑な物語を成立させているのだ。

 

おわりに

非常に長い文章になってしまった。ここまで読んでくれた人がいれば、ありがとうお疲れさまと言いたい。

もしこれから「ダークナイト」を見るときは、こんなに小難しく考えず、最高のエンターテイメント作品を思う存分に堪能して欲しい。